2019式 250cc モトクロッサーの馬力比べとランキング記事

Pocket

ようやく、アメリカの雑誌やネットで、2019年式の250ccモトクロッサーレビューがでてきています。今年は、ホンダとスズキの発売が遅かったからか、レビュー記事のアップも例年より遅かったですね。

まずは、DIRT BIKE誌のサイトに、アップされていた2019年モデルの馬力比較のデータです。

個人的には、今年は特に、2019年式のCRF250Rの改善がどんなところか、あと、新しくなったYZ250FやRM-Z250のポジションが気になっていました。

↓ 元記事はこちら ↓
250 SHOOTOUT NOTES & DYNO CHARTS

2019年 モトクロッサー 馬力比較

参考までに、下に、去年のグラフも貼ってみたけど、ざっとみたところ、RM-Z250が大幅改善を見せてますね。

それ以外は、去年との違いがわからない… 同じ雑誌の測定ですが、測定のタイミングが違うので、厳密な比較はできないと思うのですが、ひいき目(www)にみると、ホンダが各回転数で、馬力アップしてるようにも見えます。高回転ではヤマハを超えた! ただ、中、低回転では改善したものの、他社には追い付いてない。

↓参考までに、去年のグラフがこちら↓

2018年 モトクロッサー 馬力比較

記事には、各メーカーの2019年式の特徴が簡単にまとめられてたので、そちらも紹介します。(だいぶ端折ってます)

ホンダは、パワーカーブの全体を通して1馬力ほど、去年のモデルより向上。ハンドリングは、去年のモデルに引き続き高評価。

ハスクバーナーは、元々、かなり軽く速いバイク、KTMをベースに各所の部品を変えているということで、よりプロ指向な仕上がり、価格も最高値($8,299)になっている。

カワサキは、去年からの大きな変更はなし。今のKX250は、250クラスでは、トルクが最大ということで、ノービスライダーにとって、最適なバイクという位置づけで、価格も一番安い($7,000)。

KTMは、速いし、他社が追いつけない、最後のひと開けが効くし、ボトムエンドも悪くない。ただ、250ccクラスは、馬力がすべてというところから、進化してきているので、今年は少しキビシイ。

スズキは、18年式から大幅に改善され、馬力とトルクのバランスもよく期待したが、サスが許せないくらい硬く、ハンドリングも以前のモデルほどでなくなった。

そして、ランキングは、このDIRT BIKE誌は来週発表ということですが、Motocross ActionとVital MXが発表していたので、こちらで紹介します。

Motocross Actionの2019年式モトクロッサーのランキング

Motocross Action’s 2019 250 Shoot Out

Vital MXの2019年式モトクロッサーのランキング

2019 Vital MX 250 Shootout

2つのランキングだけを抜き出すと、以下のようになります。

Motcross Actionのランキング
1位ヤマハ YZ250F
2位KTM 250SX-F
3位ハスクバーナ FC250
4位ホンダ CRF250R
5位カワサキ KX250
6位スズキ RM-Z250

Vital MXのランキング
1位ヤマハ YZ250F
2位ハスクバーナ FC250
3位KTM 250SX-F
4位ホンダ CRF250R
5位カワサキ KX250
6位スズキ RM-Z250

最大の衝撃は、スズキがエンジンの大幅な改善にも関わらず、2誌とも6位になっていることです。何よりサスペンションが硬いという評価なので、スプリングは交換した方がよさそうですね。アメリカ人をして、テストライダーに相撲レスラーを雇ったのかと言わせるくらいなので、よほど硬いのでしょうね。

一方で、ヤマハのYZ250Fの新モデル、評価イイですね!セルを搭載して重たくなったけど、重さを感じさせず、バランスが良いということで、2誌で1位ですから、各レベルのライダーにとって、よほど乗りやすいバイクに仕上がっているんでしょうね。

僕のレベルでは、どちらにせよ、最新モトクロッサーのパワーは持て余しちゃうので、結局、好きなメーカーさんのバイクを乗ればいいとも思うわけですが、新しいバイクを買おうと思うと、いろいろ気になる点もあると思うので、参考まで~♪

しかし、実際は、このレビューを見る前にオーダーしないと、年内には、2019年モデルは手元に届かないわけというわけで、ムズカシイ仕組みですね…

Pocket

2 Replies to “2019式 250cc モトクロッサーの馬力比べとランキング記事”

  1. 450もSUZはサスペンションの評価がよろしくないようですね。SHOWAの新型を採用したもののそれがダメってことなんでしょうね。ところで、2018CRF250Rからエンジンが新型になりましたが、腰下OHってされました?ちまたではクランクケースの強度不足で変形してしまってOHすると壊れるって話もあるようです。

    1. 18はOHまだっす。モタードで1年酷使したから、いろいろ心配っすよ。
      でも、モトクロス練用に使っちゃうかど(^^;;
      谷田部で20分ほど走ったところ、バイクは絶好調♪ いけてないのは、僕でしたwww
      しかし、OHすると壊れるって、どういうことすっか!?
      開けたら、たわみで、組めなくなる?

コメントを残す