東京モーターサイクルショーへ「CR Electric Proto」などなどを見に行ってきた♪

Pocket

ついに、モトクロッサーのCRが電気で動く時代に!?

Motoshop TOYZのマックさんから、「東京モーターサイクルショー」のチケットをもらったので、下の娘と一緒に、2人で遊びに行ってきました。

今回の東京モーターサイクルショーのお目当ての「CR Electric Proto」今のワークスモトクロッサーに電気モーターを乗せた感じが、現実感と未来感がイイ感じでマッチしてました♪

僕の目当ては、ホンダブースにある「CR Electric Proto」。娘の目当ては、いろいろなブースで配ってるシールやグッズw 今回もノートや、シール、キーホルダーに、マグネットなどなど、いろいろ集めてゴキゲンさんでしたw

基本、どこのブースも人がいっぱいですが、ホンダのブースも身動きがとれないくらい大盛況でした(*_*)

お目当てで見に行った、「CR Electric Proto」、知る人ぞ知るなのか、端っこに置いてあったからか、意外とゆっくりみれました。バイクの作りがワークス感がでていて、そこに、電気モーターが乗っかっているから、なんか、すごく、現実感があって、かつ未来感のあるバイクになっていました♪

「CR Electric Proto」動画も撮ってみました♪ どこから眺めても、カッコいい♪ 

無限ブースには、兄弟車の「無限 E.REX」が展示されてました

ちなみに、無限のブースには、「無限 E.REX」が展示されてまして、これは、まさしく、 「CR Electric Proto」の兄弟車、正確には、「無限 E.REX」の方が先に発表されているから、こっちが兄かな? ただ、17年に発表されたときのモデルからは、だいぶ、印象が違います。

こちら 「無限 E.REX」 は、市販モトクロッサーに、電気モーターを乗せた作り。
「CR Electric Proto」 とほぼ、同じだけどワークスマシンに乗せるのとは、だいぶ雰囲気が変わりますね。あと、外装に目玉がついて印象的w

「無限 E.REX」、モーターは「CR Electric Proto」と同じかな?プラスチックのカバーが違うけど。 

僕らは、いつまでエンジン付きのモトクロッサーに乗ってるんでしょうね? レーサーから先にモーターになるのか、市販車が先なのか。エンジンの鼓動はいいけど、モーターのトルク感も面白そうですね♪

もちろん、モタ車の展示もチェックしましたよ♪

モーターサイクルショーでは、当たり前ですが、数えきれないくらいのバイクが展示されているのですが、ここはやっぱり、モタ車が展示されているところは、ちゃんと訪問しないとということで、おじゃましてきました♪

原島選手のCRFが展示されているペトロナスブース♪ オリジナルのグラッフィックスで仕上がっていて、カッチョイイっすね♪ 
MFJのブースには、吉田選手のCRF450Rが展示されていました♪ ライティングもばっちり!!

KTMブースでは新型バイクのメータに驚く(^^;

各社のブースで、いろいろなバイクを見ましたが、なかでも驚いたのがKTMのブースでみた大型バイク。 メータパネルが、タブレットみたいで、表示内容や色が変ったりするんですね(*_*) しかも、大型になればなるほど、パネルも大きいw

僕が最近のバイクを知らないだけかもしれないですが、今や、スピードメーターも液晶パネルで表示するですね(*_*)
フロントライトもなんだかカマキリみたい。なんか、未来感あるすごいデザインだ。

見てきたものを全部並べるとキリがないですが、ほぼ半日、子供と一緒に歩き回って、僕が見たいものを見たり、いろんなアンケートに答えてグッズを集めてたりと、十分楽しむことができました♪

本当は、 「D1GP ALL STAR SHOOT-OUT」というイベント もお台場でやっていて、そちらも行きたかったのですが、ちょうど、僕らがモーターサイクルショーを見ている時間とD1のイベントスケジュールが被ってしまい、今回はパスしてしまいました。

D1も立ち見ならお手軽な料金で見に行けるので、興味あったのですが、もう少し、事前にタイムテーブルを確認しておけば、午前はD1へ行って、午後、モーターサイクルショーという回り方でも行けたかも。そこは、ちょっともったいないことをしました。今回は新型スープラが走るみたいですしね♪

毎年、モーターサイクルショーとD1は同じ日にやっているので、来年はちゃんとスケジュールをチェックして来ようと思います。

ということで、チケットいただいたマックさん、ありがとうございましたm(__)m おかげさまで、1日、親子で楽しむことができました♪

Pocket