CRF250Rでモトクロス練@「白河エンジョイスポーツランド」19年2回目♪ からの事件発生(T_T)

Pocket

「白河エンジョイスポーツランド」の練習が楽しくて、真冬なのに、再び、2月2日に、福島の白河まで遠征してきました♪ 今回もT橋さんと、一緒です♪ 2日前の木曜の夜に千葉から北関東は雪が降ったのですが、なんと、白河は、パッサパサのドライ。雪も霜もどこにもない、まさにベスコン♪

今年、2回目の「白河エンジョイスポーツランド」遠征♪ 完全に、はまってます♪ 雪も霜もどこにもなく、まさにベスコン♪

しかも、温度も前回の1月に練習した日よりさらに暖かく、2月になったにも関わらず、最高のモトクロス練習日和となりました♪

途中、時間帯によっては、右手側(北)から雪雲が攻めてきたのですが、コースの上空は、終日、晴れていました♪

この日は、コースの管理をしている、ウィリー松浦さんも白河に来ていて、練習の合間、合間に、おしゃべりしたり、走行中にアドバイスをもらったりしました♪ ストーブにあたりながら、だべってるだけでも十分楽しかったっすwww

写真は、「白河エンジョイスポーツランド」ブログから転載。管理人のウィリー松浦さんも来ていて、ストーブを囲んで、いろいろ話しました♪♪ この時は、3人で、こうやって、体も健康で、楽しくバイクを走らせられるって、イイよねぇと話してたのですが…

この日も練習の課題はジャンプ~♪ 引き続き、ポコジャンをマスター&テーブルトップを攻略を中心に練習をしました。 最終的には、松浦さんからこの日の上達をお褒めいただき、大満足♪♪ アドバイスいただき、ありがとうございましたm(__)m

こんな感じで、イモ食って、だべって、ノンビリと練習してたはずなのですが、ちょうど僕がテーブルトップの練習に飽きて、そろそろ、戻るかなぁといったときに、バイクが転倒して、空ぶかしになる音が… この日は、僕以外に4stのバイクで練習しているのはT橋さんしかいないから、ヤバいなぁと思ったら…

先に、松浦さんが駆けつけてましたが、なんと、ポコジャンの先のテーブルトップを下ったところで、T橋さんがコースのど真ん中にぶっ倒れています(T_T) しかも、白目むいて動かないないように見えるんだけど… マジ~かぁ!!!

僕が、バイクを置いて、ダッシュで駆け寄ると、松浦さんがすでに、いろいろ確認してくれていて、僕が、「救急車呼びますか?」と聞いたら、「大丈夫、少し寝かせとけばいい」ということで、まずは一安心。

松浦さんが担架になるものを探しに行ってくれている間に、僕が、T橋さんに声を掛けたら、コース上で、ぶっ倒れて動かないものの、一応、手足、体の各所は、声に反応して動かしているので大丈夫そう。

しばらくして、ヘルメットを脱がせて、さて、そろそろ車に戻りますかということで、腰を支えて一緒に立ち上がろうとかとしたら、なんとか、自力で立ち上がってきたので、そこで、もう、一安心。 ただし、肩がエライ痛そう。

なんとか、車まで戻ってきたら、典型的な脳震盪状態(*_*) 「なんでここにいるの?」 「どうしたんっだっけ?」 「何があったんだっけ?」 2、3回、説明しても、スグ、同じことを聞いてきます(^^; 

そして、後から、知ったんだけど、ヘルメットが見事に割れてたという((((;゚Д゚))))  脳震盪で済んで、ホントよかったよ~

転倒する瞬間を見ていた松浦さんと、記憶がほぼ飛んじゃったけど、なんとなく覚えているという本人の話によると、どうやら、ジャンプの飛び出しで失敗。すぐヤバいと思ったというところまでは覚えていて、その後、松浦さんは、フロントだけで3mほど走ってくる状態から、バイクから放り出されたとこを見たとのこと。

近くで見ていた松浦さんとしては、 うまく、バイクから体が離れたので、そんな、大ごとではないんじゃないかというのが、当初の見立てだったみたいです。僕は、友達がコース上で、ぶっ倒れてるもんだから、メチャ焦りましたけど(^^;

すこし落ち着いてきたら、本人は、前にも鎖骨を折ったときと、同じような感じがすると言い、腕が重力に引っ張られるとメチャ痛いということで、僕の使ってないモトクロスウエアがあったので、三角巾の代わり的なものを作り、腕を支えられるようにしました。結果的には、その後病院に行って判明したのですが、見事に、鎖骨を骨折してたとのこと(+_+)

何十回も飛んで、問題なかったジャンプなのにねぇ… 前触れもなく大失敗とは… T橋さんが、松浦さんに「調子乗りましたかねぇ」と聞いたら、即答で、「一言で言うとそういうことだねぇ」ということでしたwww

ジャンプの届く届かないもほんの少しの違いだけど、成功するも大失敗も、紙一重。ちょっとずつムリをしながら、うまくなるのが楽しいとこではあるのですが、一歩間違うと破綻してしまうし、やはり、モトクロッサー、パワーもスピードもでるので、本当に注意をしないとですね。特に、調子が良いときほど気を付けないとです。

こんな感じで、3時前に大事件が発生してから、片付けなんかをやって、負傷したT橋さんも、自分で運転して帰れるということなので、少し早かったですが、4時すぎ頃にコースを後にしました。

コースを後にしてからは、一人で、温泉行ってもなぁとか思いつつ、予定より早くに家に帰っちゃうと、奥さんから「なんで?」と聞かれて、その後の説明がややこしくなってしまいます。「友達がケガした」 ⇒ 「やっぱりバイク危ない」 ⇒ 「バイクやめて…」

そんなことになるなら、まぁ、ゆっくり温泉つかって帰った方が、世の中が平和なので、ひとりで寂しいけど、予定どおりいつもの「五峰の湯」によってから、帰ることにしました。

大田原市の「五峰の湯」 いつもより早く着いたので、温泉からキレイな夕日が見えました♪ リラックスできて最高です。(一人でチトさびしかった)
温泉の後は、盛りも満点の「もつ煮込み定食」を食べて、満足満足♪ ちなみに、温泉は500円と安いけど、メシはチト高い?(この定食は1000円)

今回、一緒に練習へ行ったT橋さんがケガしたわけですが、たまたま、管理人の松浦さんもいたので、ちゃんと対応ができて、良かったものの、白河だと、2人だけで練習する可能性もあったわけで、僕自身が救急救命の知識の必要性を実感しました。

昔、サッカーの審判員のライセンスを取ったことがあるのですが、そのために、救急救命の講習を必ず受けないといけませんでした。そんな内容は、すでに忘れてしまったけど、 バイクをやっていると、自分はもちろん、仲間も含めてケガすることが多いのは事実です。

ということで、今回、あらためて、どこかの講習を受けに行って、まずは正しい知識を知っとかないと、いざ現場で遭遇しても焦っちゃうだけで、何もできないなぁと思った次第です。

ちょっと調べたら、消防署で救命講習をやっているみたいなので、時間があえば、申し込んでみようかな。

Pocket