CRF250Rに「モトマスターのレーシングキャリパーキット」を投入♪

Pocket

新兵器の2つ目は、「モトマスターのレーシングキャリパーキット」の投入です♪ 今までは、モトクロスと共用の純正キャリパーを使っていたわけですが、速く安全に走るには、よりよく止まるブレーキが必要だろうということで、実は、スリッパークラッチより先に投入を決めていました。 スリッパークラッチに続いて、作業はMotoshop TOYZのマックさんにお願いしています♪

ホンダ CRF250R モタード
モトマスターのキャリパー、以前のオレンジアルマイトから黒色に変わりました。黒のホイールと合うかも♪♪

 
社外ブレーキということでは、ブレンボが有名なのですが、モタードでは、モトマスターもブレンボと同じくらい定番の製品です。 TOYZのモタードメンバーのブレンボとモトマスターの比率では、半々かモトマスターが少し多いくらいでしょうか? モトマスターのキャリパーは、マスタシリンダーを純正品が使えるのもメリットです。純正のマスターシリンダーを使うのは、コストが安いことと、タッチが柔らかくなるメリットがあります。逆に、カチッとしたブレーキフィーリングを求める場合は、ラジアルマスターというタイプの方がよくなります。

ホンダ CRF250R モタード
レーシングキャリパーセットとしては、キャリパー本体、キャリパーサポート、ブレーキパッドの3点セットになります。

このモトマスターのレーシングキャリパーと純正品の一番の違いは、ブレーキパッドの押し方の違いです。純正品は、2ポッドで片側から押すのですが、モトマスターのレーシングキャリパーは、両側から4ポッドで挟みこむタイプになります。両側から押さえこむので、制動力があがる仕組みです。

ホンダ CRF250R モタード
両側からブレーキディスクを押さえこむので、ブレーキディスクがキャリパーのセンターに来るように0.数ミリの単位で、セッティングする必要があります(*_*)

なお、モトマスターのキャリパーは、CRFでマルケジーニの16.5インチのホイールに組み合わせると、リムがスポークホイールに比べ分厚いため、取り付ける際に、ブレーキディスクやホイールと若干、干渉する部分がでてきます。うまく入るとこを見つければ使えないことないですが、ホイール交換が大変になり、僕みたいに、モタード、モトクロスを入れ替えて使う人の場合、取付け、取り外しの作業でかなりてこずることになり要注意です。そのため、マックさんが性能に問題ない部分を少しだけ削ってくれたので、その後は、取り付け、取り外しの作業がかなりやりやすくなりました♪♪

ホンダ CRF250R モタード
パッドの面積の大きさを純正品と比べてみると、1.2倍くらいでした。

ホンダ CRF250R モタード
ブレーキホースもあわせて黒のタイプにしたので、少し引き締まった感じ♪♪

ということで、フロントブレーキ一式もより制動力があるものに変更完了♪ 引き続き前後のサスは、モトクロス用を兼用していますが、その他の部分は、どんどん、モタード化してます♪ それでも、未だに、簡単な部品の入れ替えで、モトクロスとモタードを十分楽しめる「一粒で二度おいしい」仕様です♪  さてさて、今回、新たに投入したパーツ達で、走りにどのような違いがあるのか、メチャクチャ楽しみです♪♪

Pocket