「シリンダーワークス270ccのビッグボアシリンダーキット&ホットカムのハイカムStage2」を投入♪♪

Pocket

最近、CRF250Rのパワー不足を感じるようになってきました。特に、15年式のYZ250Fと乗り比べたときに、一発一発の爆発に対してのパワー感の違いには驚きました。 ジャンプの際にアクセルをガバッと開けたときの飛び出しが、軽く上がる感じ、こりゃ反則だなぁと思ったりw 後は、比較値はないですが、モタードで使うようになってから、全開、全開なので、アクセル開け始めと、レブの手前に余裕ができれば、すごく助かるだろうなぁと。昔なら、そんなことは腕でカバー!!って、根性論でがんばってたのですがw 今は、認めたくないですがw、腕はなかなかあがらないので、はやくCRF250Rのエンジンに大幅変更が入って、パワーアップしないかなぁ、そしたら新車買うのになぁとか思っていました(^^; でも、CRFは、450から順にアップデートが掛かるので、250は早くても来年? それもわからないですが、いずれにせよ、先の話です。

 
そこで、たまたま見つけたアメリカの雑誌記事に、「シリンダーワークス270ccビッグボアシリンダーキット」が紹介されて、高評価。これ、僕はレースでないし、ボアアップしてもレギュレーション気にしなくていいから、メチャいいやん!! ということで、前から気になっていたのですが、今回、腰上オーバーホールを兼ねて、ぶっこんでみることにしました。あと、気がついたら「ホットカムのハイカム」もぶっこむことに(^^;

Cylinder Works 3.2mm Big bore Cylinder Kit 270cc
アメリカのダートライダーという雑誌のレビュー記事で「Cylinder Works 3.2mm Big bore Cylinder Kit 270cc」の スコアが91と高評価。

この「シリンダーワークス270ccのビッグボアシリンダーキット」ですが、いつもiPhoneで読んでいるアメリカのモトクロス雑誌ダートライダーのレビュー記事に紹介されていて、91と高いスコアを取っていました。

レビューで評価されていたポイントは、CRF250Rのハンドリングの良さをたもちながら、もう少しパワーが欲しいときに最適で、レブまでキレイにまわるのが特徴。(ビッグボアキットは、ボトムのトルクアップがあるものの、レブ付近が犠牲になることが多いそうです)ボアアップで稼いだパワーで、リアスプロケを1丁落としたり、リアタイヤを450用の太いものに変更してトラクションを稼いだりできるとありました。あと、価格が純正部品を交換するのとほぼ同じ価格なのもおススメポイントでした。ちなみに、アメリカの雑誌は、広告主だろうと、ダメなものはダメとハッキリ書くのが気持ちいいのですが、91はかなりのハイスコアです。

そして、ここから、ハイカムも入れることになったのですが、そのきっかけが、この「Cylinder Works 3.2mm Big bore Cylinder Kit 270cc」を調べているときに見つけてしまったのがこちらの動画

長い動画ですが、4分10秒あたりに、ビッグボアキットと相性がいいというHotCamsのStage2を見つけてしまいました(>_<)

そもそもは、「シリンダーワークス270ccのビッグボアシリンダーキット」がトップエンドまでキレイにまわるのが特徴ということで、ハイカムは入れるつもりはありませんでした。そのため、この動画を見つけたときは、すでにボアアップキットはBTOから手元に届いてました。でも、モタードでは、トップエンドも使うことが多いので、やっぱ必要でしょwということで、あわてて、今回のオーバーホールに間に合うよう、中回転から高回転を良くするハイカム「HotCamsのStage2」もあらためてBTOに注文を入れた次第ですw 年に1度もやらないエンジンオーバーホールですから、やれることはやってしまおう!という方針です。

そこから、アメリカから届いたパーツそれぞれのスムーズな動作と耐久性アップのために、モリブデンショット、DLC(ダイヤモンドライクコーティング)、スズショットをお願いしました。何にどの加工をやるのかは、まったくわからないので、そこはプロにお任せです。

モリブデンショット,DLC
モリブデンショット加工後のビッグボアピストンとDLC加工後のピストンピン

ピストンリング, DLC
ピストンリングにもDLC加工

Big bore Cylinder
なぜか、249cm3の表記のMade in USAのシリンダー

スズショット加工
シリンダー内壁の耐久性アップのためにスズショット加工

ホットカム
ホットカムにもモリブデンショット

カムチェーン
カムチェーンにもモリブデンショット(これは純正品です)

CRF250R ピストン
純正ピストンとの違いを測ってみましたが、サイズは3.2mmアップ、重さは、10gアップでした。

このような形で、腰上オーバーホールに向けて、ガシガシとパーツの準備が進んでいます♪♪ しかし、今までならきっと、オーバーホールといえば、型通りのオーバーホールをお願いして終わっていたと思うし、アメリカの雑誌を読んでも自分でやろうとかいう気にはならなかったのですが、今は、Motoshop TOYZのマックさんにお世話になることができて、こんな素人の僕でも、できたら面白いかも!!というテンションが上がるパーツの追加を遠慮なくお願いできるようになったのは、本当にありがたいことです。

もともとは、マックさんのおススメもあり、去年、新車に更新するのを延期して、今のバイクでじっくり楽しむということで、腰上、腰下オーバーホールをやったのですが、今回のオーバーホールで、あらためて、1度買ったバイクをじっくり手を加えて楽しむという楽しみ方もあるんだなぁと実感です。新車買い替えの出費を抑えたおかげで、今は、モタードxモトクロスの1粒で2度美味しい状態で楽しめるようになりましたし♪♪ そして、今回の新パーツ投入は、モタードxモトクロスどちらにも効くんじゃないかと、想定しているのですが、さて如何に!?  

さてさて、来年春には、車の買い替えが控えているのですが、これもどうしようか… 本当は新車のハイエースといきたいところですが、これも節約できたら、もっとバイクで遊べそうだしなぁ。いろいろボロイけど、もう一回車検とおすか… 引き続き、いろいろやり繰り工夫しながら、ケガなくバイクを楽しんでいきたいと思います♪♪♪

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。