全日本選を走れるMFJスーパーモトA級ライセンスが届きました♪

Pocket

8月の菅生戦が終わった時点で、昇格対象となる4戦が終了。その結果を受けて11月末に昇格申請書なるものが届きまして、MFJスーパーモトA級ライセンスを申請しました。

この件、わざわざブログ記事にするか、チト悩んだのですが、僕にとっては人生で1回きりの出来事でしょうし、他にこんなブログ記事を書く人も少ないだろうからということで、今後、エリア選から全日本へ昇格を狙うライダーのためにもせっかくなのでまとめておきます。

無事、A級への昇格申請書が届きました♪♪ 申請書にライセンスを同封してMFJに返送するだけで、昇格申請の手続き完了です♪

■昇格の対象期間と申請手続き
MFJの規則書の付則に「2017年度の昇格ポイント対象期間は2017年1月1日から2017年10月31日までとし、昇格となった資格が有効となるのは2018年1月1日からとする。11月1日より12月31日までに開催された競技の結果は特別昇格の審査対象となる。」という記載があります。この規則自体は、MFJのすべてのカテゴリーに適用されるので、モトクロスもロードレースもその他のカテゴリーにも適用されます。

「MFJの国内競技規則書」はこちらからもダウンロードできます。

次に、各カテゴリーごとに詳細があり、僕が参戦したスーパーモトでは、「スーパーモトライセンスの昇格」という項目で、詳細が説明されています。
「スーパーモトエリア選手権のS1 OPEN・S2・S3クラスで、2017年10月31日までに開催される下記エリア当該クラスにおけるB級シリーズランキング上位1位の者は、申請によりスーパーモトA級に昇格できる。

という記載があります。このため、スーパーモトの場合、11月に開催される最後の茂原戦が昇格ポイントの対象には含まれていません。(しかし、年間ポイントランキングには含まれるのがややこしい…)

ちなみに、対象期間のシリーズランキングが1位でなくても特別昇格という手続きがあって、昇格の申請はできます。
前項各種目の自動昇格および申請昇格基準と同等とみなされる成績を得た者で、昇格を希望する者は、特別昇格の申請ができる。 その成績は、当該年の11月1日以降の公認競技会で得たものも考慮され審査の対象となる。
この場合は、11月に行われる茂原戦の結果も審査の対象になるので重要になってきます。

また、特別昇格の申請方法も規則書に記載があります。
この申請は、所定の申請用紙に必要事項、および明確な申請理由を記入し、顔写真、成績を証明するリザルト、申請料3,000円を添え、所属するMFJ加盟団体(25頁参照)へ申請する。

■結構ややこしかった、昇格決定とシリーズチャンピオン決定の関係
さて、以上の説明は、昇格の説明であって、実は、シリーズチャンピオンの説明はなかったりします。

そのため、「昇格決定=シリーズチャンピオン?」 という話があったりしました。事実、TOYZ Racingでも過去2人がエリア選から全日本に昇格したにもかかわらず、僕ですら、結局、いつのレースで昇格が決まり(ここまでは簡単)、昇格決定=シリーズチャンピオンなのか、はたまた、茂原戦は、昇格のポイントには計算されないけど、「茂原戦を終えての累計ポイントの結果1位がシリーズチャンピオン?」なのかがよくわかってなかったという状況が発生していました(T_T)

結論としては、今年、はっきりしたのですが、茂原戦の公式通知で、 「※11/6訂正:東日本エリア戦は昇格ポイント対象外(※年間ランキングは対象レース)」と明記されました。(MFJも間違えて訂正するくらいなので、よっぽど複雑です…)

ということで、茂原戦は年間ランキングは対象となるので、茂原戦を終えた時点での年間ランキング1位がシリーズチャンピオンということになります。

実は、この東日本エリアのシリーズチャンピオン決定のタイミングについては、複数のメディアが、菅生戦の終了時点で間違えて記事に取り上げたたくらいなので、よほど知られてないことだと思います。

今年1年を振り返ると、菅生戦後と茂原戦後では、ランキング1位の結果はかわらなかったので大勢には影響なかったですが、実際に毎戦毎戦のポイントを争っている身としては、途中、はっきりせず、微妙な感じでした。

ちなみに、僕自身も菅生戦が終了して昇格が決まれば、シリーズチャンピオンも決まりだと思ってたのですが、そこは、そうじゃないという話もあったので、ちゃんと、茂原戦もポイントをとれるよう、がんばりました(^^; そうじゃなかったら、菅生のレース内容がしょぼすぎて、レース自体がイヤになるところでしたwww

■昇格申請の手続きをやってみた
ということで、いろいろありましたが、幸いなことに、僕が、8月の菅生戦を終えての計4戦のポイントランキングで1位だったので、11月末に予定どおり、昇格申請書なるものが手元に届きました♪♪ その頃には、茂原戦も終了して、個人的にはスッキリと昇格申請できました。

昇格申請を郵送後、1週間ほどで、昇格を証明するステッカーがついたライセンスが戻ってきました♪♪

手続き自体は簡単で、送られてきた申請書にライセンスを同封して、送り元のMFJに郵送するだけです。ホント久しぶりに封筒と切手を用意しましたw 僕だけかもしれないですが、気を付けないといけないのが、ライセンスを紛失すると昇格申請が受け付けられないことです。あやうく、茂原の最終戦が終了した時点で、もう、ライセンスは使わないからポイしちゃえばいいかなと思ってたくらいだったので、アブナイアブナイ。

申請書を郵送した際は、なぜ、ライセンスも一緒に必要なんだろうと思ったら、それは、申請後に理由がわかりました。上にも写真を貼りましたが、昇格申請を郵送後、1週間ほどで、なんと、来年3月31日まで使える、昇格を証明するステッカーを貼り付けたライセンスが戻ってきました(*_*)

4月1日以降のライセンスは、別途申請してね。という記載があるので、そこから先の手続きは通常どおりとなります。 とはいえ、スーパーモトの2018年公式戦の初戦は、4月15日なので、今回もらった、昇格の証明付きライセンスは、実質的には使う場所がないのですが…

以上のような流れを経て、無事にA級に昇格することができました♪♪

さぁ、これで来年からは全日本のレースに参戦できます♪ 引き続き、レースも込みで月2回しかバイクに乗れない制限があるので、スポットで参戦できるとこだけ参戦する作戦でやります。まずは、ムリせず、できればバトルや駆け引きに慣れて、レースを楽しめるレベルにまでたどり着けるように、やってみたいと思っています。 いやぁ、コワいコワい(>_<)

TOYZ Racingの仲間達はもちろん、今年1年一緒にレースしたみなさん、来年一緒にレースするであろうみなさん、本当によろしくお願いいたしますm(__)m

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。