【骨折日記】鎖骨骨折③:入院から退院まで(骨折後8日~9日後)

Pocket

以前の投稿

入院当日の様子(骨折後6日目)

11月27日(土)の午前の入院手続きは9時から10時ということだったので、ギリギリの10時前を狙って病院に到着。スグに入院手続きをして10時半ころに病室に到着。この日の午前中に麻酔科の診察があるということでの入院だったので、病室に入ってからはしばらく待つと看護師さんに呼ばれて麻酔科へ診察に向かいました。

脛骨骨折の抜釘以来8年ぶりにこの病室に戻ってきました… 設備は何もかわらなかった…

麻酔科の診察は以前に脛腓骨の手術の時にも受けたのですが、今回は全身麻酔だけど点滴から麻酔を入れるという話でした。前回はブロック注射もあったし、後から麻酔を追加できる管もあったしで大変だったのですが、今回はそれに比べるとかなりシンプルw

土曜午後の麻酔科の診察後は、日曜の午後9時から飲食制限がはじまるまでは特に制限もなかったけど、やることもなかったので、主に持ち込んだ本を読んで時間をつぶしました。久しぶりに小説をガッツリ読んだ気がします。後はちょいちょい売店まで買い物へ行ったくらいです。病院ではかなり運動不足なので4階の病室から1回の売店まで階段を使って移動、ついでに病棟の端から端まで歩きました。

9年前に入院したときはそんな印象なかったのですが、今回の病院メシは正直言うとあまりおいしくなかったです… おかずは基本シンプル、でも白飯の量が不釣り合いに多いように感じましたw (家で白飯を食べる量を減らしてたからそう感じるのかな?)

手術当日の様子(骨折後8日目)

29日(月)の手術の順番はこの日3番目ということで、結局は夕方5時20分に呼ばれて手術室に向かいました。前日の晩9時から食事は禁止、当日の朝11時からは飲み物も禁止となり手術開始を待つ時間が長かったです。

手術前に飲まされる定番の「アルジネードウォーター」と経口補水液の「OS-1」9年前は「OS-1」を飲みなれてなかくてウェッて思ったけど、今は夏になると熱中症対策で良く飲んでいるので、問題なくゴクゴク飲めましたw

手術室前で看護師さんと雑談をする時間があったのですが、コロナが落ち着いてきたら、ケガをする人が増えてきたらしく、最近は整形外科の先生はずっと手術続きで本当に忙しそうだとのこと。人が活動するとケガする人も増えるんですねw(自分も含めてw) 

そんなこんなで、実際に手術がはじまったのは夕方6時くらいでしょうか。手術室で麻酔をされたら記憶がなくなり部屋に戻ってきて時間を聞いたら9時半だったので3時間ちょっとの手術だったようです。手術室で目が覚めたあたりでまだ意識はもうろうとしてますが、先生が「ヨシ!明日退院だ」と言ってくれてたので無事に終了したんだなと思いました。

手術後1週間の診察で撮影したレントゲン。6本のボルトでプレートを固定。残り2本は横に割れた骨を固定しています。

その後は徐々に麻酔が切れてくるのですが、なんせ手術したところが痛かった。看護師さんに「今の痛みは1~10の何段階ですか?」と聞かれたので「10、一番痛いです」と答えてましたw 1時半ころに点滴の痛み止めが使えるということで、それを使ったらようやく痛みが治まってきたのか眠ることができました。それでも毎時看護師さんが見回りにくるタイミングでは目が覚めていたのであまりぐっすりとは眠れなかったです。痛み止めは座薬が一番効くと思うのですが、今回は「座薬使いますか?」とは一言も聞かれなかったですね… なんでだろう?

3時頃だったかに看護師さんに飲み物を飲んで良いかを聞いたところ大丈夫だと言ってくれたので、事前に用意していたりんごジュースと麦茶を冷蔵庫から取り出してもらい飲みました。りんごジュースを用意していたのは大正解でしたw お腹も減ってきてたし手術で疲れているのもあると思うけど甘いのが本当に美味しかった。また次は抜釘の手術があるから、同じように手術後用にリンゴジュースを用意しておこうと思いましたw 

その後は眠れないし、やることもないので看護師さんに尿瓶を用意してもらってトイレをがんばりましたw 点滴も含めてかなり水分補給をしているので、そろそろでてもいいかなぁと思いながらも、麻酔の影響なのかなかなかできなくて、結局は朝7時くらいまで奮闘しました(^^; 1度でてしまうと後はそんなに苦労しなかったです。

手術翌日の様子(骨折後9日目)

朝6時になると血圧測定と血液検査がありました。血液検査は右腕は手術直後だし、左腕はすでに点滴が刺さってるしで足から取ることに。担当の看護師さんは教えてくれなかったけど、足からの血液検査って腕より痛いんすよねぇ… なぜなら、前に入院したときも腕に刺すとこなくなって何度か足から取られたので… なので、イヤだなぁと思いつつ、断ることもできないから大人しくしていました。

8時になると35時間ぶりの食事で朝食がでてきました。35時間も食べてないんだからお腹が減ってそうなものですが、なぜかご飯(お米)を食べる気にはならず、おかずのゴムみたいな焼き魚と煮物だけ食べました。まだ、胃の具合が正常に戻ってなかったのかもです。

9時になると離床検査という呼び方だったと思うのですが、ちゃんとベットから立てるかの確認です。この離床検査でOKがでれば心電図のコードを外してもらえますし、血液検査の結果とあわせて問題なければこの日に退院もできます。脛のケガのときの手術後の朝は、麻酔の影響で離床検査に失敗したので、今回はメチャ慎重に立ちました。久しぶりに立ち上がるし、多少、麻酔の影響も残っていたから少し危なかったけど、ゆっくり立てば問題なかったです。

離床検査もOKになった後は、血液検査の結果も問題なかったようですぐに退院OKとなりました。担当の看護師さんから「午前中に退院しますか?午後の昼食後にしますか?」と聞かれたので、昼まで病院メシは食べたくないなぁと思い、「午前中で退院します」と伝えました。

退院直前にパチリ。手術直後の右腕は動かす気にはならなかったけど、早く帰りたかったからか、退院準備はサクサクとできました。手術後Tシャツを着るのは面倒だろうとタンクトップを用意しました。(鎖骨を骨折するとホントにTシャツを着るのがツライ)

「手術の翌朝に退院する人は珍しい」と看護師さんも驚いていたけど、担当医もOKと言ってくれているし、すぐに部屋を片付けをはじめましたw 手術後の翌朝でまだ朝一には麻酔の影響も残っていたと思うけど、いざ退院できるとなると特に問題なく身体が動き出したし、動くとお腹も減ってきたので、手術前に買っていた菓子パンやバナナなんかも食べたりして時間をつぶしました。 そんなこんなで、しばらく待つとお会計の準備もできたので無事に11時頃に退院できました。

家に帰ってからの昼メシは奥さんが気を使ってくれたからか、トンカツ、チキンカツが山盛りでしたw いやぁこれは退院直後にはさすがに重いゾと思いつつ、自分の好物だしおいしいので結局、目一杯食べちゃいました(^^; 昼メシを食べた後は、夜は痛みで寝れなかったのでひたすら眠りました。

まとめ

今回の鎖骨骨折の手術をするための入院は、土曜から入ったものの正味は日曜夜から「手術準備」、月曜夕方「手術」、火曜朝「退院」とすごく短期間で済んで結果的には仕事への影響も最小限だったし本当に良かったです。 では、この後の日記では手術後のリハビリの様子をまとめます。

Pocket